ひつまぶし

四万十川のおいしい天然うなぎを知る私も

幸せの笑いが止まらない

 

なまずやの“ひつまぶし”

 

 

JR名古屋高島屋さんでの撮影会の後

 

さて、お腹もすいたけど

遠い家路も考えると

ここは、そこらで、ささっと食べて

帰りましょか

 

いえいえ、そんなわけにはいきません

名古屋まで来て

それも、お仕事がんばって

“なまずや”にいかないてはありません

 

 

名古屋の友人に教えてもらった“なまずや”

初めて食べたとき、あまりのおいしさに

興奮して、手が震え、

肝吸いをこかしてしまいました(笑)

 

 

 

 

お~、これこれ!!

運ばれてきたときから

幸せの笑いが止まりません。

 

 

 

ひつまぶしは食べ方が決まっています。

 

おひつの中を4等分し

1/4ずつ茶碗に入れ食べます。

 

1杯目はそのまま。

2杯目はわさび・のり・ねぎの薬味をのせて

味の変化が楽しめます

3杯目はおだしをかけて

さっぱりお上品なお味に

 

 

 

4杯目は1~3杯のうち

最も気に入った食べ方で。

 

 

 

ですが、私も芳香さんも

残りの1/4を

また1/4にして・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。